チームと愛美ちゃんとのつながり 


 

ami-wink's

「愛美ちゃんのお父様からのメッセージ」

 

8/9日曜日に広島市のアステールプラザ(大ホール)で開催されたダンス公演に愛美を連れて行きました。

愛美が通っていたヒップホップダンススクールHDCが毎年開催する公演で、今回が10周年の記念公演になります。

1日2公演で2日間に渡って行われます。

愛美は第1回から毎年演者として参加していましたが、第6回出演の2ヶ月後に倒れてしまい、その後の第7回と8回は病院のベッドからの応援でした。

しかし、昨年の第9回の公演に招待していただき、病院から外出して客席から応援しました。

そして今年も招待していただきましたが、なんと今回は公演最後のファイナルステージで出演者のみんなと一緒に舞台に立つことになったのです。

当日の愛美は朝から緊張気味でおとなしい感じがします。

出演者としての緊張感がよみがえっているのかもしれません。

ファイナルが近づくと客席を離れ、建物を一旦出て楽屋口から舞台裏に向かいました。

舞台袖で待機です。

愛美が再びみんなと同じ空気を同じ場を共にできる時が来ました。

仲間が泣いてくれています。

舞台を行き来する先生や生徒たちが愛美に声をかけてくれます。

そしていよいよファイナルステージ。

一緒にダンスをしていた仲間たちが車いすの愛美を連れて舞台へ出てくれました。

囲んでくれています。

みんなと一緒に舞台に立った愛美は、いま何を感じ、何を思っているのでしょう。

愛美には語る術はありませんが、その表情に強い思いが表れているようでした。

幕が下りた舞台でも、舞台裏に戻ってからも、みんなが愛美を囲んでワイワイガヤガヤしてくれました。

次の公演が迫っているにもかかわらずありがたいことです。

先生が車いすを押して、ある楽屋に連れて行ってくれました。

「憶えてる?ここで一緒に休んだよね。」

そうです、第6回の公演のとき愛美は朝から38度の熱でしたが、絶対に踊ると強い意志を示し、ここアステールで最後まで踊りきりました。

先生には大変お世話になりました。

そしてその時のことを憶えてくれている方もいらっしゃいました。

その方が「大丈夫か?」と声をかけると、愛美は「大丈夫です」としっかり返事したそうです。

踊りたいという姿が忘れられないと言ってくれました。

公演に参加し、改めて愛美は本当にダンスが好きなこと、そして多くの人に見守られ支えられていることを実感しました。

みなさんありがとうございました。

愛美が倒れたのはH23/8/4の夕方です。

今年、私は会社でその時を迎え自席で震える手を握りしめていました。

しかし世間的には4年という月日が、愛美に起きたことのインパクトを失わせようとしていると思います。

今回のダンス公演でも、多くのお客さんが何故車いすに乗った女の子がステージにいるんだろうと思ったかもしれません。

生徒さんたちや関係者の方たちの4年間の移り変わりを考えれば、仕方ないことだと思います。

このことは、愛美を取り巻く全てのことで言えます。

愛美を理解してもらうためには、知ってもらう努力をしなければなりません。

愛美は4/23に18才になりました。

国の制度では児童福祉法の「障害児」から障害者総合支援法の「障害者」になります。

愛美が社会の中で、地域の中でみなさんと共に暮らしていけるようにしてやらなければなりません。

これからもよろしくお願いします。

また、愛美の心身機能の改善・回復への取り組みとして、 7/24(金)から2日間、浜松で開催された日本意識障害学会に参加しました。

学会では意識障害に関わる医療や看護、リハビリの著名な先生・研究者が取り組みとその成果を発表されました。

少しでも愛美の改善・回復に役立つものはないか、今やっていることは正しいのか、もっといい方法はないのかなど学び考えました。

そしてもう一つ、キーマンになりそうな方をつかまえて挨拶し、愛美のことを話し、資料を渡しました。

関心を持ってくれるかもしれません。

今回新たに学んだことや新たなつながりを、愛美の改善・回復、生活に活かしていきたいと考えます。

愛美の父 駒坂敦

 

● 愛美ちゃんブログのURLはこちら → http://ami0423.blog.fc2.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。