株式会社WINK'S

株式会社ウインクス|広島県廿日市社会人卓球チーム・卓球教室・卓球情報サイト

人を励ませる人間になろう


10-1ピンポンおじさん

 まぁ、なんと自分のことしか「表現」できない、他人に無関心な人の多い世の中なんでしょう。人はみな、家族だけでなく他人の人様のおかげで、生きていられる事をちゃんと忘れないで下さい。ふた言目には、非難・中傷・泣き言・愚痴、または沈黙スルー。
なかでも最近、特に多いのが 「沈黙、無関心スルー」
古今東西、昔から悪口の毒を吐き続ける人間はどの世界にもいるもので、ことさら珍しい話ではないので、こういう人からは距離を置く「処世術」(小・中学生は辞書引いて)を、ベテラン人間は身につけているのですが、沈黙と無関心人間が、実は一番ひとを困らせる、役立たず人間だということを改めて、確認してみましょう。
 この人間社会に、なぜ「言葉・言語」が存在するのか?
ひとえに、人間関係を円滑にも険悪にもするための重要な「道具」だからです。学校や職場、趣味レクレーションの世界、どこをとっても人間関係抜きでは、存在しえないことを、肝に銘じたら(小・中学生は辞書)円滑な会話をする能力がいかに大切か?
 ひとが愉快にも不愉快にもなるのは、ものではなく全て他人からかけられる言葉によるところが多いのです。
やっぱり、しゃべってナンボなのです!しゃべり過ぎて時には人を傷つけたり、誤解されたり、とリスクもついてきます。しかし、こういう経験を積み重ねて、会話上手になるんであって、ひとの心が分かってくるんであって、何もしゃべらない沈黙と無関心で、人に恩返し出来ますか?人を幸せに出来ますか?心で思ってるだけで人は笑顔になりますか?
 もの静かと沈黙スルーは違います。考え違いしてませんか?いま一度、自分を洗い直して考えてみましょう。
 きれいな心とはなんですか?
 ひとを気にかける言葉が使えますか?
 (LINE・メールばかりじゃダメ!直接の言葉が大事!)
 ピンポンおじさんは、こう考えます。
おぎゃーと生まれてきた時から、人を「笑顔」にしたはずです。色々な事ができるようになるたびに人は喜んでくれたはずです。人にやさしい言葉をかけたり、お手伝いをするたびにひとは笑って喜んでくれたはずです。そもそも、ひとは人を笑顔にするために生きるのだと考えます。
 いつも、なかなか出来ないからこそ、努力や学習があるのだと考えます。意志の強さも鍛えられるのだと思います。
 これらの修行と経験を経て、最後は「人を はげませる」人間を目指して生きることこそが尊い(小・中学生は辞書)のでは、ないでしょうか? 
 励まされっぱなしの、人間に成り下がらないように! 

10-2ピンポンおじさん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

@pingpong_winksさんのツイート